市川雅美さん(株式会社リクト)

株式会社リクト 市川さん
■ 家族構成
本人 32歳

夫 35歳

子 長男2歳
■ 職場での役割の変化

結婚前は健康食品の通販会社で営業事務を担当。
残業はほとんどなかったものの、週6日勤務の週もあり、自分に子供ができた時に仕事と育児の両立ができるか不安があった。 当時の職場でも産休育休制度は整っており妊娠・出産を機に育休を取得させてもらったものの、やはりしばらくは育児に専念したいと思い、会社に相談して退職。
子供が1歳半を過ぎた頃にまた働きたいという気持ちが強くなり、仕事も育児もバランスよく取り組めるよう、子育て中の女性に理解がある会社を希望し、現在の職場にて制作のサポートを担当。
 

ライフヒストリー

18歳
高校卒業
18~23歳
アルバイト
23歳
健康食品の通信販売会社に営業事務として入社
28歳
結婚
29歳
出産
31歳
育児休暇取得後、退職
32歳
長男保育園入園、就職

1週間のスケジュール

月曜
出勤
火曜
出勤
水曜
出勤
木曜
出勤
金曜
出勤
土曜
夫は仕事、息子と二人で公園等へおでかけ等
日曜
夫のサッカーののち義実家等へおでかけ等

1日のタイムシフト(平日)

6:45
起床
7:15
長男起床・夫出勤
7:20~8:00
朝食、身支度
8:00~8:30
皿洗い・夕食準備、登園準備
8:50
保育園へ長男を送り届ける
9:45
出社
10:00~16:00
勤務
16:45
帰宅
17:00
保育園へ長男を迎えに行く
18:00
買い物・帰宅
19:00
夕食
19:30~21:00
家事・お風呂・長男の就寝準備
21:00~22:30
長男寝かしつけ
22:30~23:30
自分タイム
23:30
就寝

ママへのQ&A

ママへのQ&A
Q. 育児と仕事両立のコツは?
A.  程よく手を抜き、上手に周りに頼り、息抜きする時間をつくることです。

Q. 育児家事の協力者は?
A.  夫は、家事はできる範囲でしてくれます。
担当してくれるのはお皿洗いや洗濯、掃除機かけなどです。
でも料理など自分で出来ないものは、なかなかチャレンジはしません(笑)。
実家や義実家が比較的近いので、何かあると両方から助けてもらえるのもとてもありがたいです。

Q. 夫のワークライフバランスに点数を付けるなら?
A.
70点。とても優しく、仕事にも理解がある夫なのですが、もう少し気を遣ってほしいと感じることもあります。
私が休みになる週末のことですが、夫は土曜は仕事でおらず、日曜は彼の趣味で外出することが多いのです。趣味の時間を削れとは言えませんが、どこかで家族サービスするなど、カバーしてほしいなと思うことはあります。でも、なんだかんだいいながら、私の気持ちややりたいことを最優先に考えてくれているので、ありがたいなと思っています。

Q. 会社で実際に働いてみての印象を教えてください。
A.  とても気が楽です。
たとえば朝、急に子供が発熱してお休みの連絡をしても、皆さん快く受け入れてくれます。
当然ですが、前職では急に休まないといけなくなった時には非常に気を遣っていたので、かなり雰囲気が違いますね。
もちろん感謝や謝罪の気持ちは変わらずありますが、職場のスタッフも子育て中の方が多く、とても理解があるので、子供がいても働きやすいなと、心地よく感じています。
また、ありがたかったのが、仕事の希望を聞いていただけたことです。入社した当時は顧客サポートやメンテナンスなどを担っていたのですが、働いているうちに制作の仕事に挑戦してみたくなりました。思い切って相談してみたところ、配置転換をしていただき、現在は制作・チェック作業の仕事をしています。未経験の職種でしたが、新しいことに挑戦したり勉強するのが好きで、ワクワクを感じるタチなので、毎日パニックに陥ったりしながらも楽しく取り組めています。このように挑戦させてくれるところはなかなか少ないと思うので、本当にありがたいことだと感じています。

Q. 社会に望むことは?
A.  保育園に入れるのに苦労したので、託児所のある会社が増えると良いなと思います。
また、育児休暇や復帰制度をきちんと活用できる雰囲気がもっと進めば良いなとも思います。
福利厚生、制度、仕事内容、勤務時間、時給、職種、子どもに対する理解、それらが100%揃っている会社はなかなかありませんが、育児休暇や復帰の部分がしっかりしていれば、安心して働けるママも増えるのではないでしょうか。

Q. 再就職を目指す子育て中のママに充ててメッセージをお願いします
A.  出産を機に退職して、また0から就職活動を始める方も少なくないと思います。
小さい子供がいたら就職活動なんて難しいのではないか、なかなか条件に合う職場を探すのは無理なのではないかと考えてしまうこともあるでしょう。
でも、私も探してみると意外と子育てに理解のある企業が多いことに気が付きました。
だから大丈夫。面接を受けに行ったら、必ず「ワークライフバランスを大切にしたい」という想いを伝えてみてください。伝えずに我慢することのないように必ず伝えてください。自分を買ってくれる企業なら、もしかしたら前例がなくても受け入れてくれるかもしれません。諦めずに、一歩を踏み出してみてください。

パパへのQ&A

パパへのQ&A
Q. パパが家事育児に割く時間は?
A.  1日1時間程度です。
家事は、自分がやれること(洗濯・掃除機かけ)はやろうと思うし、やっています。やれないことを無理にやろうとすると、妻に怒られるのであまりできていません。

Q. 奥様のワーク・ライフ・バランスは何点?
A.  90点。仕事のことはよくわかりませんが、家事育児に関しては、しっかり頑張ってくれていると思います。

Q. 奥様へのメッセージをお願いします
A.  いつも仕事で疲れているのに、帰ってごはんの準備などをしてくれて本当に感謝しています。

会社へのQ&A

会社へのQ&A
Q. 子育て中の従業員数は?
A.  現在子育て中の社員は、女性が3名、男性が3名です。

Q. 従業員が育児と仕事を両立しやすくするための支援制度はありますか?
A.  ・フレックスタイム制を導入し、融通が利きやすい環境にしています。
・今年は初めて男性が育児休暇を取得しました。制度が機能し始めています。
・子育て中のパートタイマーは、本人の希望に合わせて、柔軟にシフト対応しています。週に3日~5日、それぞれ4~5時間で勤務しています。子どもの看病や学校行事により休日のスライドや増加も可能です。休む時はお互い様の気持ちで仲間を頼り、きちんと仕事をカバーしあうことで休む側の責任を果たせば、どんな理由で休んでもらってもかまいません。
・正社員からパートへの移行を認めています。もちろん逆もです。子育てが落ち着いたので正社員になりたいなど。
・家族ランチ会を年に1回、毎年1月に開催しています。社員の家族を交えた会で、参加率は毎年高めです。家族の理解あってこそ、仕事にも集中して取り組めると思いますので、日ごろ会うことのない家族にも、会社のことを知ってもらったり、社員と交流していただくことで、理解を深めてもらう良い機会になっています。

Q. 今後、子育て支援のために導入したい制度はありますか?
A.  市川さんからの申し出で検討中ですが、育児休業に関して法定以上の制度を整えたいと考えています。入社後1年未満の人や勤務日数が週2日以下の人なども、希望があれば育児休業を取って戻ってこられるようにしたいですね。復帰する人の席や仕事の心配もあると思いますが、それは本人の希望に合わせて都度用意します。

Q. 会社にとって市川さんはどんな方ですか?
A.  頼もしい人です。たまたま面接に来てくれたのがきっかけですが、「新しいことを覚えるのが好き、やりたい」という市川さんには、伸びしろやポテンシャルの高さを感じています。きっと今後ますます伸びるはずと、期待しています。

Q. 市川さんへのメッセージをお願いします
A.  新しいことを始めたばかりで今は大変だと思いますが、必ずできるようになるので、焦らず頑張りましょう。また、家族仲良くして、お仕事に集中してもらえたらうれしいです。
lct
【わかりやすい情報を、探しているすべての人へ。】
株式会社リクト
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目2-2
[TEL] 092-791-2108
[FAX] 092-791-2109
[URL]https://www.lct.jp/
サポーター会員についてお問い合わせをする
イベント参加についてお問い合わせする